岡崎正治(おかざきまさじ)

札幌にて雨貝尚子女史に師事
国立音楽大学にて田口興輔氏に師事
イタリアのクレモナにてアルド・プロッティ氏に師事

1995年、札幌新人音楽会にて札幌市民芸術大賞・音楽家協議会特別賞を受賞。
2001年、道銀芸術文化奨励賞受賞

出演オペラ(全幕)
モーツァルト  「魔笛」タミーノ役
        「コシ・ファン・トゥッテ」フェランド役
        「フィガロの結婚」バジリオ役
ロッシーニ   「セビリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵役
ドニゼッティ  「愛の妙薬」ネモリーノ役
        「ランメルモールのルチア」エドガルド役
        「ドン・パスクワーレ」エルネスト役
ヴェルディ   「リゴレット」マントヴァ侯爵役
        「仮面舞踏会」リッカルド役
        「椿姫」アルフレード役
        「トロヴァトーレ」マンリーコ役 
        「アイーダ」ラダメス役
プッチーニ   「トスカ」カヴァラドッシ役
        三部作「ジャンニスキッキ」リヌッチョ役
        「蝶々夫人」ピンカートン役
        「ボエーム」ロドルフォ役
        「トゥーランドット」カラフ役
ビゼー     「カルメン」ホセ役
マスカーニ   「カヴァレリア ルスティカーナ」トゥリッドゥ役
レオンカヴァッロ「道化師」カニオ役
プーランク   「カルメル会の修道女」ドラフォルス騎士役
レハール    「メリーウィドー」カミーユ役
ヨハン・シュトラウス二世 「こうもり」アイゼンシュタイン役・アルフレード役
ほか多数

出演ソリスト
ヘンデル     メサイア
ハイドン     ネルソンミサ
モーツァルト   戴冠ミサ
         レクイエム
ベートーヴェン  交響曲第9番「合唱付き」
ロッシーニ    スタヴァトマーテル
ヴェルディ    レクイエム
オルフ      カルミナ ブラーナ

これまでの演奏活動場所
 道内  札幌・江別・函館・室蘭・旭川・帯広・釧路・北見・稚内・名寄・伊達・滝川・砂川・端野町・常呂町・
     様似町・新冠町・奈井江町・長沼町・佐呂間町・浦幌町・湧別町・中頓別町
 道外  秋田・仙台・東京・横浜・大阪・名古屋・松本・宮崎・熊本・沖縄

現在までにソロコンサートを25回開催

国立音楽大学在学中にモーツァルトのオペラ「魔笛」タミーノ役でオペラデビュー。
その後、東京在住中にモーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」のフェランド、プッチーニ「ボエーム」のロドルフォ、ヴェルディ「リゴレット」のマントヴァ、「椿姫」のアルフレードにて出演、北海道二期会ではプーランク「カルメル会修道女の対話」フォルス騎士、モーツァルト「魔笛」タミーノ、プッチーニ「トゥーランドット」カラフ、ビゼー「カルメン」ホセ、ほか多くのオペラに出演。オペレッタにおいてもヨハン・シュトラウス「こうもり」アイゼンシュタインとアルフレード、オッフェンバック「天国と地獄」オルフェ、レハール「メリー・ウィドウ」カミーユにて出演。2015年1月に公演のヴェルディ「アイーダ」ラダメス役において、新聞・音楽雑誌上にて絶賛される。また、ソリストとしてモーツァルト「レクイエム」・「戴冠ミサ曲」、ロッシーニ「スタバトマーテル」、ヴェルディ「レクイエム」、ベートーヴェン「第9」他に出演。ソロコンサートも札幌を中心に道内各地で公演。道外でも東京・仙台・名古屋・大阪などでコンサートやオペラに出演。2012年1月に仙台で公演されたドニゼッティ「愛の妙薬」(ネモリーノ役にて出演)では、音楽の友誌上にて、2015年1月に札幌で公演されたヴェルディ「アイーダ」(ラダメス役にて出演)だは、北海道新聞にてその歌唱力・演技力を絶賛された。
北海道音楽振興会主催による「ヘンゼルとグレーテル」(魔女役)にて、道内各地で公演。
おぺら塾「歌鳴屋(かなりや)」を主催し、歌唱・演技等後進の指導にあたる他、男声ボーカルユニット「ACCIDENTI!(あっちでんてぃ!)」を結成し、自ら編曲を手掛けつつ、新感覚なクラシックライヴを展開している。
1995年度新人音楽会にて、札幌市民芸術大賞・音楽家協議会特別賞を受賞。平成13年度・第11回道銀芸術文化奨励賞受賞。
雨貝尚子、田口興輔、アルド・プロッティの各氏に師事。
現在、北海道二期会会員、札幌音楽家協議会会員、ハイメスアーティスト会員、北海道音楽振興会会員、ライズ音楽院講師、男声ヴォーカルユニットあっちでんでぃ!(ACCIDENTI!) 団長、Sound Creation「TeaMS_Z」取締役。